危険を回避する

戸建て

積雪量が多い東北地方や北海道では雪の降る時期も比例して多くなり、それに合わせて除雪作業を行う回数も多くなっていきます。そこで実際に除雪作業を行う際に、一工夫することで得られるメリットについて説明をしていきます。除雪作業を行う際には1人で行うよりも2人以上で行うと効率が良くなり、それによって作業が早く終わるというメリットが得られます。これについては1人に分担される作業量が減る形となるため、その分作業時間についても早くなります。また作業時に足が滑って転んでしまう事故に備えて、命綱を腰に巻いて作業をすることも大切な要素となります。なので除雪作業を行う際の一工夫する内容として、命綱を巻くことや2人以上で作業をすることでメリットが得られるようになります。

雪が大量に降ると屋根に積雪されてしまうことがありますが、お年寄りが住んでいる場合には除雪作業が出来ないケースがあります。そんな場合に備えて専門業者による代理除雪作業が行われていますが、現在の取り組みについてみていきます。専門業者で行っている取り組みの中には、お年寄りが多い家や地域に対して積雪の注意を呼び掛けていることが多いです。お年寄りが多い地域だと若い方がいないことが多いため、自分で除雪作業を行う方が多い傾向があります。ですが除雪作業は体力がいる作業でもあるため、そのような時は無理をしないで専門業者へ依頼することを呼びかけています。よって現在行っている取り組みとして、お年寄りの多い地域では無理をしないで業者に依頼をすることを提案しています。